Service

1.コンサルティング(人事制度の設計・導入、経営基盤の整備)

私たちは、社員が50名を超え急速に拡大し始めたベンチャー企業や、組織文化の刷新に取り組む中堅企業を主なクライアントとしています。主なサービスは、人事制度の設計・構築から導入・定着、社内ルールの整備、情報共有や意思決定の仕組みの構築など、
人と組織のマネジメント全体をカバーしています。

私たちのサービスは、コンサルティングという言葉でカバーすることはできません。

クライアントの企業は一社一社異なる人格や個性を持っており、適する制度や組織運営の仕組みはすべて異なります。

私たちは、半年から1年をかけて、クライアント企業の中に入り、社員や経営陣の皆さんと1on1のコミュニケーションを重ねながら
「良い会社」「良い経営」「良い社員」についての共通認識を築き、人事制度の構築を始めとする経営基盤の整備を一社一社、
丁寧に進めていきます。

すべてがテイラーメイド。それがHOPの特徴です。

2.人的リソースの強化(人材の獲得、マネジメント研修など)

制度や仕組みを整えるだけでは組織はうまく機能しません。制度や仕組みを適切に運営するには、要所要所に優れた人材を置く必要があります。

HOPは、外部からの人材獲得と、マネジメント研修やコーチングの実施などを通じて、会社の最重要資産であるヒューマンリソースの
強化を支援します。

3.コーポレート部門の運営受託

すべてのコーポレート部門の内製化は目指すべき理想ですが、会社の規模や業務の状況によっては、専門知識やマネジメント能力を有する社外機能を活用することも実効性の高い選択肢となります。

HOPは、人事部門を中心に、総務・法務・経営管理など、コーポレート各部門の業務の受託運営を行います。その関わり方は、
マネジメントのアドバイスから実務の実施・運営まで、クライアントの内部リソースの状況に応じて様々です。

4.人事・組織に関するアドバイザリー業務

人事の責任者を配置したがまだ知識や経験が足りない、労務問題にうまく対応できない、組織・制度・人材を整えたのに組織がうまく回らない。

そんな悩みを抱えるクライアントに、時には個別のメンターとなって、人と組織の課題や悩みを解決する実践的なアドバイスを行います。

5.学舎「人事の寺子屋」の運営

社会のニーズや経済構造が変わり、会社の価値を生み出す資産はモノからヒトへと大きくシフトしました。これからの会社は、ヒトの
能力に依存する要素が益々高まっていきます。

人事は経営そのものであり、ヒトの力を気持ちよく引き出すマネジメントができるかどうかで、会社の価値は大きく変わります。

人事の寺子屋は、広くヒトのマネジメントに関心を持つ人たちが、年齢・経験・立場に関わらずいろいろな会社から集まり、人事の基本、本質的な価値、何よりもそのおもしろさを学ぶ場です。ここで学ぶ人たちは、同じ志を持つ生涯の仲間となって、それぞれの場所で「良い会社」作りに取り組んでいきます。

人事の寺子屋は、基礎コース、経営コース、単発セミナーを適宜開催しています。
詳しくは人事の寺子屋HPをご覧ください。

https://jinjinoterakoya.com

 

事業・サービス内容

 

コンサルティング・
アドバイザリー業務の種類

 

 

コンサルティング概要(例:人事制度)